修霊超抜式

修霊超抜式は、肉体を持たない霊を理天へとお救いすることができる儀式です。

最高のご先祖供養を

修霊超抜式では、得道をされた方の肉体を借りて、霊を天国へとお救いいたします。修霊超度でお救いさせていただく霊は、ご自身に御縁の深い霊です。修霊超抜式は、最高のご先祖供養となります。

護摩木、護摩符で願いを叶えてくれる霊は、修霊超抜に向けて徳を積み、行道されている霊です。特に、縁あるご先祖様が、皆様をお守りくださっています。日頃からお守り頂き、お世話になっているご先祖様に感謝の気持ちを込めて

 

1年に2度の修霊超度審判式

玉皇山弥勒寺にて、春と秋の年に二回、修霊超度審判式の御聖訓式が行われます。このときに、三官大帝という神様から厳正な修霊超度審判の結果が示されます。修霊超抜式は、修霊超度審判式から1ヶ月半の間に、全国の聖院や御堂、伝道会にて随時挙行されます。ぜひご参加ください。