水子供養

水子の霊は救われがたい存在

生まれる前に、もしくは生まれてすぐ、また幼いうちに命を落としてしまった子どもの霊を「水子霊」といいます。また、人格が十分に形成されないまま、成人するまでに亡くなった人もまた、水子霊になると言われています。

三界の輪廻へと戻ることができず、この世とあの世の境目となる「三途の川」に留まっている水子霊は多くいます。

水子霊は霊界の中でも最も救われがたいといわれる存在であり、その不遇な霊は人が存在する限り増え続けていきます。堕胎され闇に葬られた膨大な数の水子、世界中で大人になる前に亡くなっていった子供達。それらは人類の歴史の中で数え切れないほどあります。

水子供養の大事

自分には水子がいないからといって、水子と関係がないということは決してありません。一族をさかのぼれば莫大な数の水子霊が存在し、その因縁は子々孫々におよび、家相、家運、健康等にも障りとして出てきます。

先祖供養と水子供養は二大供養と言われる最も大事な供養です。先祖供養と共に、水子供養をすることが、一家のご繁栄にとても大事なことです。

観音堂水子供養

供養料

3,000円・5,000円・30,000円よりお選びいただきます

供養場所

玉皇山弥勒寺内 観音堂
電話番号 079-566-0851
FAX番号 079-566-0901

※供養内容など、詳しくは観音堂へお問い合わせください

弥勒寺案内図