大雁塔感謝祭

多くのおかげをいただける御利益の護摩壇

毎月第一日曜日に、玉皇山弥勒寺の月例護摩として、龍水源護摩供に引き続き、泉珠大雁塔前で大雁塔感謝祭が行われます。

泉珠大雁塔は、あらゆる霊界の救いの門戸となるところであり、その中でお札や護摩木をお焚き上げすることができます。泉珠大雁塔の前には、龍華滴水観音が祀られ、龍華水が湧出します。

大雁塔感謝祭護摩供は、多くの霊の働きによって参拝者の願いを成就させる、多くのおかげをいただける護摩壇です。参拝者が手を繋いで護摩壇を中心に輪になり、祈願成就を祈る「うまくいく輪」が執り行われ、、参拝者の厄をお祓いする「数珠祓い・宝石祈祷」などが受けられます。

また、ここでお焚き上げされる観音護摩木によって、ペットの霊の供養をすることができます。

直会には、カレーライス(夏)、おでん(冬)の他、健康を祈願した禄存五聖杯の仙丹茶、福徳団子などが振る舞われます。

護摩終了後は、唄の教室、エイサー太鼓奉納、プレゼントのお花の抽選会などがあり、弥勒寺では習字教室も行われています。