禄存宝珠護摩供

病気平癒のおかげをいただける護摩

禄存宝珠護摩供は、中部地方を守護する聖宝珠院で一年に一度、石川県の加賀御神水の地にて挙行されます。

禄存宝珠護摩供は万病平癒のおかげをいただける護摩です。聖宝珠院は五御堂からなり、それを現す五つの護摩壇があります。聖宝珠院の五御堂のうち、薬師堂は霊の病、金剛堂は気の病、龍王堂は肉体の病を癒し、千手堂は悪念から来る霊障を消滅させ、龍珠堂は様々な因縁による病を浄化します。

儀式の中では、精精龍眼、禄存宝水、金剛甘露、禄存五聖杯内式祈祷などが行われます。